2017年5月25日木曜日

硬券をどう収納する?

私たちコレクターにとって「収納」は楽しくも頭の痛い問題です。

切手やコインは趣味の王道と呼ばれるだけあって、収納用アルバムが充実しています。大きめの文具屋さんやホームセンターでたいてい入手できます。

しかし、硬券はどうしましょう?

2017年5月21日。新橋にあった「交通書房」さんが閉店してしまいました。私はかつて、そこに通い、硬券用のアルバムを買い揃えたものです。
ポケッターとか、カレントコレクターアルバムなんて言い方をしますが、黒地に透明なフィルムが重ねられており、硬券などのサイズに仕切られているものです。AB型用、D型用、カード用などがあり、専用のバインダーもあります。




画像は、私の収納してあるコレクションの一部です。超ざっくりスマホで撮った画像ですので、背後がごちゃっとしているのとかあんまり見ないでくださいね……。
また、白地の硬券用アルバムというのもありました。少しバインダーは大きめで、台紙は紙でできています。

切符の見やすさとしては白地も悪くないなーと思いましたが、強度の面で私は主に黒地のほうを使っていました。

こうしたアルバムが何十冊とうちにあるんですけれど……、えっ、交通書房さんが無くなったらこれからどうすればいいの??

売り場が無くなっただけであり、版元はまだあるはずですので、何らかの方法で販売は継続されることと思います。事実引き継ぐ方がいらっしゃるというお話は聞いています。
または、新宿京王百貨店の切手コーナーでも扱いがありましたので、すぐに入手難になることは無いかなと思います……が……。

ちなみに、大きいサイズの軟券類は、私、テージーのアルバムに移行しています。若干お高めではありますが、よく行くホームセンターで取り扱いがあるので、入手も簡単です。



さて、そんな中、新たな「硬券収納バインダー」が登場いたしました。
先日(2017年5月20日)の秩父鉄道わくわく鉄道フェスタで初お目見えしたのですが、山口証券印刷というガチの硬券印刷場の新ブランド「Kumpel」によるアルバムです。
https://www.facebook.com/Kumpel.Stationery/

アプトの道の駅記念きっぷ用ホルダーと似た感じの、裏も透明なアクリル製で、D型用とAB型用があります。ホルダーは薄手で3つ3つの6穴。リングピッチが標準的なものかどうかはわかりません。5枚も入れたらもう一杯なんじゃないかしら、ぐらいの厚み。
A4サイズに納めてありますので、一枚にAB型なら12枚、D型なら6枚が入ります。裏面も見られるあたりがアプトのと似ています。
いくつかをセレクトして持ち歩くとか、買ったものを入れて持ち帰るとかそういう用途が提示されています。硬券で戦うときに使うデッキを入れておくんですね!(冗談です)

一冊1,500円ぐらいのビタミンカラーっぽいアルバムは可愛いです。可愛いですが、大容量の収納をしたい、というには不向きです。

それでも、版元である山口証券印刷さんが本気を出してきた、ということに私は歓迎の意を表します。ユーザーの意見が届けばどんどん改良してくるでしょうし、何より版元が出すということには意味があります。

私はかつて「メダリーフ」について収集をためらっていました。が、ディズニーランドに行けばアルバムが売ってるよ! ということを知ってから加速して集めるようになりました。
マンホールカードも版元が専用アルバムを出すらしい、というお話は聞いています。収納グッズがあるということは、集め方の例示でもあるんです。そういうちょっとしたことで売り上げは変わってくるんじゃないかと思います。

これからの硬券収納グッズ業界を注目して行きましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿