2017年2月1日水曜日

とべ! シモンちゃん! (バス)

茨城県下妻市で、1月23日よりコミュニティバス「シモンちゃんバス」が運行開始されました。何やら先駆的なバスロケーションシステムを搭載した、シモンちゃんがいっぱい描かれた可愛いバス、気になります!

前日の記念イベントのチラシ

バスは、西側の「ビアスパークしもつま」から東側の「小貝川ふれあい公園」を結びます。途中、下妻駅や下妻市役所も経由して、およそ30分の道のり。
特徴は何よりも、シモンちゃんいっぱい! な、デザインです。




この制服シモンちゃんが一番好きだわ
車内にも!


シモンちゃんは一部に熱狂的根強いファンのいるキャラクターです。私も大好きなんですが、理由は、ちょっとここでは差し置きます(笑)
バスのシモンちゃんラッピング、バス停にもシモンちゃん、そして、回数券にもシモンちゃんとあれば買うしかありませんわ!
11枚ついて1,000円のスタンダードな様式ですが、券片ごとに違うイラストがずらり。裏面にもモノクロでさらにずらり。うふふふ。


現在下妻市で公表されているシモンちゃんデザインは12種類。そのすべてが使用されています(というか、このバスのために新たに描き下ろされたものもあります)。
バス停数は23で、それぞれに違うデザインになっていますが、およそ1キャラにつき2箇所がある計算です。




二頭身まであるの

さらには、D型硬券の記念きっぷ(証明書)まで配布されています。そつがないわ。


現在は実証実験の段階ですので、利用状況によって今後いろいろと変わる可能性があります。ここまで可愛いデザインのコミュニティバスはなかなか無いので、末永く続くこと、そして新たな施策にも期待したいところです。

2017年1月12日木曜日

印紙・証紙 開花宣言!

意味不明なタイトルは単に語呂合わせです(笑)

2016年12月20日から、お札と切手の博物館にて「印紙・証紙 小さなグラフィックデザインの世界 下邑政弥コレクションを中心に」という特別展が開催されています。

印紙や証紙は、切手に似ているけれど、切手じゃないもの、として私の中ではよくわからないけどおもしろいもの、という位置づけでした。
でも、少しずつ調べて、コツコツと買えるものを買い集めたりして、ちょっとずつ理解してきました。切手商に行って証紙無いですかと訊ねて、そんなものあるわけねえ! と言われたこともありました。そのくらいマイナーな世界です。だけど、その一つ一つを見たらとても美しいし、今でも買えるものだったら頑張って買いに行きたいと思わせる魅力があるのです。地域や自治体と密接に関係がある、というあたりも旅好きの私の心をくすぐりました。

そんな印紙や証紙を丁寧に解説した展示会があるとなれば、そりゃあ行くでしょう! というわけで、行ってきました、お札と切手の博物館。

ここに来るのも久しぶりです。そういえば無料なんでした。なんとありがたい。
そういえばこちら、毎月スタンプが変わるんですよね。今はちょうどお正月の図柄でした。


さて、内容ですが、私の想像以上でした。印紙カタログで見たことがあるあの印紙、この証紙、ほとんどその代表的なものの実物が展示されております。切手展と同じようにリーフとフレームで紹介されていて、メガネ外して(ろうがんなんです)じっくり見てしまいました。
やはり私が興味津々なのは各都道府県ごとの証紙。現在は統一証紙にまとめられたものでも、かつては狩猟などいろんな種類で証紙が存在しました。
あぁ、なんと美しい……。
なにぶん先程も申しましたが、印紙や証紙はコレクターが少なく、市場がありません。ですので、入手する手段がほぼありません。今でも売っているものでしたらば、発売所に行けば買えますが、発売を終了してしまったものはどうにも入手手段が無いのです。私がうっかり買いもらしてしまった東京都の収入証紙が未だに入手できていないのもそういうことなんです。

配布されている解説の冊子も丁寧でこれだけでも入門書として充分かもしれません。
3月5日までに私はもう一度行きたいなと思っています。

*

ついでですので、私が昨年末探し求めた「証紙」のお話を一つ。

証紙は基本的に「都道府県」が発行しているものですが、「市区町村」が発行するケースもあります。主に粗大ゴミの回収などに用いられることが多いですが、そうではないものもあります。国立印刷局が手がけている証紙というのもあって、お札と切手の博物館が発行しているニュースによれば現在「宇都宮、千葉、船橋、横浜、高知」の5市にあるのだそうです。
このうち、千葉、船橋、横浜については、訪問して入手済み。証紙は廃止する自治体も増えているので、なるべく早めに行きたい、というわけで、宇都宮市に向かいました。

さて、通常、そうした証紙は、売りさばき所なるものがあります。県の証紙であれば、県庁の売店がたいていはその資格を持っていて発売しています。なくても、入ってる金融機関に行けば買えます。市についても、千葉、船橋、横浜は、市役所(区役所)の売店で問題なく買えました。
なので、宇都宮市役所に行きまして、まっすぐ売店に向かいました。「市の証紙」が欲しい、という旨をお話しましたところ、「県の証紙はあるが、市の証紙は発行したことが無い」とおっしゃいます。「今は無い」だとか「ここには無い」だけ言われていたらそのまま引き下がっていたかもしれませんが、「発行したことが無い」はずがありません。
なので、私が根拠としている、お札と切手の博物館ニュースの該当ページを示しつつ、いや、あるはずなんです、と粘ります。830円と書かれたごみ処理専用の「宇都宮市証紙」はその売店にもありましたが、それは私の求めているものではありません。でも、それがあるってことは、市の証紙は存在しているってことで間違いはありません。
国立印刷局が印刷したものがあるはずなんです、と言う私の主張を元に「では、わかりそうな部署に聞いてみます」とどこかに電話をしてくださいました。
しばらく待ちます。結果「飲食店の開業や食肉などにまつわる場合にのみ宇都宮市の証紙は使われているようです。ですので、ここではなく、宇都宮市保健所に行けば売っているそうです。」という回答を得ることができました。
一般人でも買えるかどうか、ということまで訊ねていただきまして、問題ないとの回答もいただきました。
大変親切にしていただいたことに深々と礼をしますが、先方は恐縮しきり。最初に「無い」っておっしゃられたことを気にされたのでしょうか。大変真面目な方でおかげで助かりました。感謝しかございません。

保健所なんて、行ったこと無いよ……、と緊張しつつ向かいます。でもまあここ数年で、ダムの管理事務所やら消防本部など、今まで行ったことがないところに入ってるので少し図々しくなりました。覚悟を決めて入りまして、教わった課の窓口へ。
そこに普通に「売りさばき所」って看板ついていました。200円以下のあるもの1枚ずつください、という、どう考えても実使用じゃないような頼み方をしますが、向こうもすんなりと売ってくださいます。10円50円100円200円の合わせて360円分を買いました(条例を見ると5円もあるはずですが、品切れだったのか、使いようが無いので現在発行していないのか)。

ほら。ああ、美しい……。

国立印刷局のものは残るは高知市だけですね。でも、そうじゃない印刷所のものでも美しいものがあります。証紙は廃止される方向ですので、なるべく自分の足で調べながら集めてみたいものです。でも、印紙・証紙コレクターさんとの交流もできたらいいなあ、と思ったりもします。

2017年1月10日火曜日

新春 都道府県庁記念スタンプ集

あけましておめでとうございます。2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、友人よりリクエストをいただきました、都道府県庁の記念スタンプ集を一発目としてお送りいたします。
全都道府県庁に記念スタンプが存在します。「一斉に作成した」という話も聞いたことがありますが、スタンプそのものに統一感はありません。
複数のスタンプがあるところが多いですが、ここでは1つだけセレクトしました。
押印したのは2007年あたりから2010年ぐらいにかけてが一番多いです。ですので、現在はスタンプが変わっているところも多数あるかと存じます。

ただ、ずらりと並べます。縮尺は揃えたつもりだったのですが、スキャンした時期にも幅があるので、正確ではありません。三重県だけやたら大きいのは確かですけれど(笑)

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

新潟県

富山県

石川県

福井県

山梨県

長野県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

和歌山県

鳥取県

島根県

岡山県

広島県

山口県

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県