2018年5月10日木曜日

「春の一大事2018」が本当に一大事だったよ

わけのわからないタイトルで恐縮です。
「春の一大事2018」とは、2018年4月に東近江市で開催された、ももいろクローバーZのコンサートの名前です。
なかなか普段アイドルのコンサートが開催されない場所で行われるということで、多客への対応などが事前にニュースなどにもなっていました。
たまたま開催前に私は、仕事でその周辺を訪れており、地元の業者さんが、いったいどのくらいの人が来るかもわからないし、交通が麻痺するかもしれないので、近づかないようにしようかな、なんておっしゃっていたのが印象的でした。
私個人は、ももクロさんのファンというわけでは無いですが、近江鉄道の最寄り駅(大学前)で、切符の臨時発売とかあるんじゃないかなあ、という意味で興味を持っていました。実際、開催二日間ともに臨時発売がなされて、大学前から○○円区間という金額式の軟券乗車券が初登場しました。……とても欲しい、素晴らしい逸品ではありますが、周辺の状況が読めない段階でそれを買いに行き、無事に帰る姿が想像できなくて、向かうことを断念いたしました。今思えば、交通には大きな混乱も無かったようですので、行ってもよかったなーってなりますが、それこそ後の祭りです。

……と、これだけで終わるかと思いきや、コンサート終了後に、友人が無言で画像をアップしました。それが、名神高速道路黒丸PAの記念スタンプです。ももクロのメンバーの子が描かれた、通常のSAPAスタンプに似せたデザインのもので……、えっ! こんなのがあったの!?
調べたら、高速道路通行券に似せた記念通行券も無料配布しているということで、これは行かねばなりません。
結果、実際に訪れることができたのは、5月の5日。いつまでこれらスタンプが置かれるかはわかりませんが、なんとか間に合いました。
ではまず、スタンプ画像から。



黄色だけスキャン後に若干色味を変えています。メンバーのイメージカラーなのはわかるんですが、黄色スタンプは白い紙に乗せるのはちょっと厳しい~
SAPAスタンプマニアのみなさま。いかがでしょう。NEXCO西日本のスタンプデザインに寄せてて、これは……! となったのではありませんか。
ちなみに、下りが青黄で、上りが赤ピンクです。こんな感じに設置されています。



そして、記念通行券は、なにかお買い物をしたら、レジでいただけます。


実際の通行券よりかなり大きいです。実はこれ、裏面がスタンプ押印欄になっていますので、普段スタンプ台付近に置かれてるスタンプ用紙と同じくらいのサイズですね(2箇所押せるようになっています)。
でも、見れば見るほど細かいところをパロディにしていて、おもしろいです。

黒丸がももクロ丸にできる! と最初に気づいたのは誰だったんでしょう。コンサートの場所が決まってからその偶然に気づいたんだろうなあ、と妄想しますが、どのくらい周到に用意されたものなんでしょうね。






というわけで、いつまで、と明示はされていませんので、気になる方はお早めに。
(GW終わって、撤去されちゃっていたらすみません。)

2018年3月27日火曜日

三江線の駅名標

2018年3月末日をもって、JR西日本の三江線が廃止となります。どんどん魅力的な鉄道がなくなってしまうなあ、と思うことしきりですが、時代の趨勢なんでしょうね。
メモによれば、私が初めて三江線に乗ったのは1997年のようです。その後、2007年から各駅を訪問し始めて、2009年、2016年とで、ほとんどの駅を訪問し、ひと駅だけ残してしまった明塚駅に2017年リベンジを果たして全駅訪問完了しました。
明塚に行けなかった理由は、地図を読み間違えて川向うだったからです……。それでも戻って行けば行けたんですが、そうするとどうしても行きたかった千金駅あたりが真っ暗になってしまうかなと……。リベンジ果たせて良かった。

この記事では、ただひたすらに駅名標を列挙したいと思います。駅の外観ももちろん撮ってるんですが、もっとキレイに撮った方がたくさんWebにアップしていらっしゃるかなと。
ただ、眺めて楽しんでいただければと思います。

2018年3月13日火曜日

「つなげて!全国”鉄道むすめ”巡り」完走しました

表題ですべて言い切ってしまいましたが、2017年2月11日からスタートした、「つなげて!全国”鉄道むすめ”巡り」スタンプラリーを、2018年3月10日にゴールしました。


鬼怒川温泉駅から始まって、北は久慈駅、南は西鉄香椎駅。何かのついでとかも含んでいるので総移動距離は計算できませんが、一年以上かかって大井川鐵道の井川駅でゴール。長かったわ……。

ミニスタンプとアクリルフィギュアのセットは今回私は買っていません。長丁場になることはわかっていたし、売り切れを心配しながらやきもきするのは精神衛生上よくないな、と思って。やっぱり途中で売り切れちゃったところもあるみたいで、スタンプ押してグッズも買ってとなるとこれに集中して早く終わらせなくちゃいけません。そういうのは私好みではないので。

スタンプのデザインが大変良い上に特筆すべきは、終盤になってもスタンプそのものが傷んだりゴムが劣化していないことです。最初の鉄道むすめラリーから一貫していますが、ベタではなく線で濃淡を表現する方式も功を奏してか、インクの状態さえ良ければ最後まで美しい印影が得られるかと思います。なぜか、スタンプラリーのスタンプをシヤチハタにしてしまう業者さんも多い中、ここにはこだわりを感じます。
(シヤチハタのXスタンパーはインクいらずで大変に美しい印影が得られますが、不特定多数が押印する場に置くものとしてはふさわしく無いと私は思います)

各駅のスタンプから伸びている「腕」がすべてつながるように押印する、というのがおそらく完走を目指したラリーストの多くが考えてたことかと思います。もちろん私もそうしていますが、特段パズルを組み立てたわけではなく、見本通りに押しただけでした。
これを押し間違えないように……というのが一番緊張したかも。長いラリーだとたいてい一つくらい押印失敗するので、私。

ラリーは5月いっぱいまで続きます。実は、これとコラボしている「駅メモ!」の位置登録を いくつかの駅で忘れています。長瀞、伊豆高原、和泉中央。
長瀞とか、こないだ火祭りの日に行ったりしてるのにね。一度忘れちゃうと頭から抜けちゃうんです……。

2018年1月30日火曜日

横須賀トンネルカード収集記

その日、お目覚めは早くなかったのですが横須賀に行こう! と、出発。千葉から湾岸線をずーっと走ると着くよ。
横須賀市で、「トンネルカード」の配布が始まっています。市内10箇所。指定のトンネルグルメ(コラボ商品)を買うとカードがもらえます。いずれも500円以内で、お安いのは良いのですが、基本的にパン屋さんとかが多めで、甘み多し。
スタートは追浜から。コインパークに車を置いて、歩いたらすぐに最初のお店「茶倉」さん発見。ハイフリのキャラもいろいろいる小さい小さいパン屋さん兼カフェ。作ってるおとうさんおかあさんが目の前だよ。アットホーム感というか、実家感強いわ。もう既に指定の「隧道ロール」は残り少なかったよ。ちくわロール購入。
追浜にはもう一件「北原製パン」。地図だと線路の向こうだけど、見えたお店は線路の手前。指定のロールケーキは売り切れ。すぐに無くなっちゃったのだそうな。でも、なんでも買ってくれたらカードはあげるよ、ということで事なきを得ます。
実はこの後、ほとんどのお店でこれでした。あるパン屋さんが言ってましたが、トンネルカードがスタートして初めての週末で、どのくらい用意したらいいのかが全然わからないのだ、と。そうだよね。そこは仕方がないことだと思うよ。でも、おそらく想像の10倍くらいの人が来ているはず。地域振興になるならばこちらもありがたいことです。

さて、横須賀中央に向かおう。途中田浦にもお店があるんだけど……、あれは車で立ち寄るの無理ですね。手前のコインパークに置くぐらいしかないかも。駐車場ありません。
横須賀市役所の有料駐車場に車を置いて、歩いて駅に。駅で友人と合流。すぐ近くにあるお店「さかくら総本家」でどら焼き買ってゲット。ここもハイフリ推しですね。
電車に乗ろう。逸見まで乗って、お菓子やさん「あいざわ菓子舗」へ。コラボ商品は売り切れ。「横須賀ストーリー」と「横須賀物語」という別々のお菓子があるのね。混乱しないのかしら。
JR横須賀駅に行き、田浦駅へ。さっき通過しちゃったお店「サンエトワール田浦店」へ。ヒレカツのトンネルサンド(海苔巻き)が売りなんだけど、ヒレカツは売り切れてエビカツだそう。私はどっちでも嬉しいのでヨシ(でもこれすごくお米の海苔巻き感があるけど、パンなんですよね)。


ちょうどバスがあったので、横須賀中央方面にバスで向かい、市街地で降ります。友人の車に乗って郊外へ。
県立大学駅前のパンやさん「soil by HOUTOU BAKERY」は車で寄ってもらってゲット。
走水の「シフォンの家」はナビに無かったのだけど、国道沿いではなく、狭い狭い小学校方面への道を入ったところ。迷ったわ……。ごく普通のお家改造のカフェって感じですね。すごいロケーション。
浦賀の「ワンこぱん」は、駐車場あり。「精栄軒」さんも駐車場無いけど、コラボ商品はまだありました。おもちどら焼き。美味しい。
さあ、ラスト、「芦名ベーカリー 芦兵衛」さんは、一番離れています。16時で終了なのですが、ナビは16時5分過ぎぐらいを差してるし、信号多いし……。
それでもなんとか到着! CLOSEDの文字! あうとー!
しかし、お片付けをしているお姉さんが見えたので、「もうおしまいですかー!」と声をかけましたところ、あと2個だけあるよーっておっしゃったので、よし店内へ! 入っちゃえばなんとかなる(笑 すみません) コラボ品は無かったけどクッキーなどがまだ残ってて、400円以上ならいいよ、ってことでラッキーにもアウトだけどセーフになりました。

再び横須賀中央に戻り、カードに書かれたキーワードを並べ替えてスカナビへ。並べ替えただけだと、「???」みたいなキーワードだけど、それで問題ないのです。キラキラカードをもらって納得です。監修平沼さんの面目躍如って感じですね。


さて、せっかく横須賀です。カバンにはパンやお菓子がぎっしり詰まっていますが……、カレー食べたいよね。ということで、海軍カレー本舗に行き、航洋艦長ミケちゃんカレーを。コロッケとチーズでツインテールを表現しているという。おお。ハイフリのコラボメニューで、これを頼むとスタンプを押してもらえます。これ完走できる方いらっしゃるのかしら。過酷なラリーだわ……。



その後高速でびゅっと帰ってきました。程よい距離感といいデザインのカードでなかなか充実感ありますわ。明日からしばらくパンには困らないなーなんて思ってたけど、翌日にはほぼなくなってたという……。

2017年12月22日金曜日

やっぱり公共配布カードに翻弄された2017年でした

去年とまったく同じことを言っていますが、翻弄度合いは去年より確実に増している気がします。
というわけで、今年入手した主な公共配布カードについて、ざっくりと。

◆マンホールカード

やはりこれが頭一つ抜けています。情報提供の集約、配布終了をしないという約束、休日配布を増やしていくという施策、どれをとっても「こちらを見てくれている」カードだなと思います。
一時的な配布休止は仕方がないかなと思いますが、青森市はねぶた前にスタートしてねぶた祭りで全部配布してしまい、以降再販が無いというのが唯一残念だなと思っております。あれから仕事でも行く機会あったのに……。
5月に九州まで行けましたが、未だに四国のカードは一枚もありません。来年は行きたいなー。沖縄もなー。離島にも追加になったしなー。
http://www.gk-p.jp/mhcard.html

◆ダムカード

元祖ももちろん頑張っていて、またかなり増えていますね。今年増えたカードに田代ダムがあって、徒歩で数時間とかどうしたものかなあと思い悩んでいます。まあ、増えすぎてコンプリートはちょっとむずかしいなと認識を新たにしているので、皮算用みたいなものですが。
新潟県のダム数カ所でプレミアムカードの配布があったり、相模ダムなどの記念カードがあったり、安定した土台の上でのお遊びが増えてきたかな。歓迎です。
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html

◆全国消防カード

一部に明確に「配布終了」を案内するところが出てきました。 おもしろい企画でしたので、継続してくれたらいいのに、とは思いますが、なかなか難しいみたいですね。図柄が変わったところや名称の変更に対応したところなどもあるようで、コレクション対象としてもおもしろさが増して難易度もあがってるようです。

◆ジオカード

いくつかのジオパークで、うちでは作ってない、と言われて、あらーとなってしまいましたが、今年は3箇所ほどで追加入手できました。あることがわかってて行けなかったところもいくつかあります。
http://geocard.geopark.jp/

◆文化遺産カード

文化遺産に行って写真撮ってくるとカードがもらえるのですが、今年ついに日程限定のカードが出ました。石岡と彦根で、石岡については初回の配布を逃してしまったのですが、再販で無事入手できました。彦根は近くまで行ってたのに、頭から抜けてて落としてしまいました……。あぁ。
http://herica.net/

◆秩父の橋カード

数枚もらってからしばらく放置していたのですが、新カードが追加になったこともあり本腰を入れてコンプリートしました。
若干天地が短いデザインのカードです。今年は、長野県の飯田地区でも橋カードが追加でスタートしています。こちらのカードをもらうためのレギュレーションはやや厳しく、コンプは難しいかなー。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/hashicard.html

◆信州ため池カード

長野県で発行されたため池カードは今年のカードの中でも、デザインが群を抜いています。収集記も書きました。
10月のブログの記事からすると、まだ在庫はありそうですね。ただ、今のシーズンはちょっと厳しいかもしれませんが。

◆施設カード

新潟県で発行している、施設カード。
http://www.pref.niigata.lg.jp/kasenkanri/1356865219443.html
上越地域振興局に行くとずらーりと並んでいて壮観です。一箇所でこんなにいっぱいいただけるというのはなんだか申し訳ないようなありがたいような。
新発田地域で配布していた排水機場カードは終了したようです。たまたま休館日にあたってしまって収集できぬまま終わってしまいました……。終わったのは仕方がないことですが、公式サイトなどから根こそぎ情報を消してしまうのは、後世の研究家のためになりません。終了したイベントであると一行赤文字入れて残していただけると助かります。

◆小水力発電カード

愛知県で発行された小水力発電カード。こちらも仕事の出張と絡めて無事にコンプリートいたしました。
公式サイトを拝見するに、大半で配布終了となっている模様です。
http://www.aichi-doren.or.jp/shousuiryoku/card.html

◆ながい水カード

一箇所で配布していて、定期的に新カードが出ています。
http://kiyokimizu.jp/log/?l=444873
過去のカードについては、一枚50円程度の協力金をお願いしますとのことです。

◆かんがい施設カード

群馬県の土地改良区で発行しているカードですが、一箇所配布終了が出ているようです。
http://www.pref.gunma.jp/07/am5500021.html
全部で10種類ですが、甘楽町役場にてほぼこれと同じデザインで「雄川堰」のカードが出ています。こちらも含めてコンプリートできました。ふー。

◆水の恵みカード

http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/kurasi_agwater/mizunomegumi/
ちょっとずつ追加配布が出たり、配布終了が出たり。コンプリートを目指すというタイプのカードじゃないかもしれませんね。
とある農産物直売所でくださいな、とお願いしたら、カードの存在を知らない方で、一生懸命説明したよ……。知ってる人が助け舟に来てくれて助かりました。

◆名水百選カード

マンホールカードを収集しているときに、諫早で見つけたカードです。名水百選すべてにカードがあるわけではありませんし、なぜか名水百選も昭和版と平成版があるんですね。
http://www.env.go.jp/water/meisui/card/index.html

◆砂防カード

長野県の姫川流域地区で発行されているカードで、事務所に行けない場合は、白馬村と小谷村で自撮りした画像を送るともらえます。恥ずかしながら自撮りを送ってゲットいたしました。案外場所がどこってわかる状態で自撮りするって難しいね。
それで安心していたら、カードのデザインが変わった模様。あうち。また自撮りしに行かないと。
https://www.pref.nagano.lg.jp/himesabo/sabocard.html

◆なごやコレクションカード

http://www.water.city.nagoya.jp/category/nagoyacollection/14151.html
カードのデザインもいいのですが、もらえる場所が名古屋全域に散らばっていて、正直他県民にはわかりづらいです。4種類だけ入手できたので、残りの5種類、行けるかなー。

◆道の駅カード

福井県でのみ先行発売していた道の駅カードが、栃木県、千葉県に広がりました。福井もまだあと2箇所残ってるのに……!
関東発売版は250円に値上げしていて、ちょっと厳しい感じもあります。
なんて言ってたら、東北地方の道の駅でもスタートですって!? こちらは200円。それにしても広い。かつてスタンプラリーで新駅のぞき全部訪問済みですが、もう一周しないといけないのね……。


他にもスタバカードですとか、楽天ポイントカードですとか、くにふだですとか、その他大勢のカードに本当に翻弄されました。年末にかけて、またいくつか行けるかなーと計画していますが、それについてはまた来年お話いたします。

公共配布カードについて、みんなどこで情報交換しているんだろう。私も混ぜて欲しいです!(笑)
Twitterなどで検索させていただいて情報をいただいておりますので、この場を借りてみなさまに感謝いたします。ありがとうございました。

この記事にて、2017年の更新を終了いたします。ご愛読ありがとうございました! また来年もどうぞよろしくお願いいたします。