2017年5月25日木曜日

硬券をどう収納する?

私たちコレクターにとって「収納」は楽しくも頭の痛い問題です。

切手やコインは趣味の王道と呼ばれるだけあって、収納用アルバムが充実しています。大きめの文具屋さんやホームセンターでたいてい入手できます。

しかし、硬券はどうしましょう?

2017年5月21日。新橋にあった「交通書房」さんが閉店してしまいました。私はかつて、そこに通い、硬券用のアルバムを買い揃えたものです。
ポケッターとか、カレントコレクターアルバムなんて言い方をしますが、黒地に透明なフィルムが重ねられており、硬券などのサイズに仕切られているものです。AB型用、D型用、カード用などがあり、専用のバインダーもあります。




画像は、私の収納してあるコレクションの一部です。超ざっくりスマホで撮った画像ですので、背後がごちゃっとしているのとかあんまり見ないでくださいね……。
また、白地の硬券用アルバムというのもありました。少しバインダーは大きめで、台紙は紙でできています。

切符の見やすさとしては白地も悪くないなーと思いましたが、強度の面で私は主に黒地のほうを使っていました。

こうしたアルバムが何十冊とうちにあるんですけれど……、えっ、交通書房さんが無くなったらこれからどうすればいいの??

売り場が無くなっただけであり、版元はまだあるはずですので、何らかの方法で販売は継続されることと思います。事実引き継ぐ方がいらっしゃるというお話は聞いています。
または、新宿京王百貨店の切手コーナーでも扱いがありましたので、すぐに入手難になることは無いかなと思います……が……。

ちなみに、大きいサイズの軟券類は、私、テージーのアルバムに移行しています。若干お高めではありますが、よく行くホームセンターで取り扱いがあるので、入手も簡単です。



さて、そんな中、新たな「硬券収納バインダー」が登場いたしました。
先日(2017年5月20日)の秩父鉄道わくわく鉄道フェスタで初お目見えしたのですが、山口証券印刷というガチの硬券印刷場の新ブランド「Kumpel」によるアルバムです。
https://www.facebook.com/Kumpel.Stationery/

アプトの道の駅記念きっぷ用ホルダーと似た感じの、裏も透明なアクリル製で、D型用とAB型用があります。ホルダーは薄手で3つ3つの6穴。リングピッチが標準的なものかどうかはわかりません。5枚も入れたらもう一杯なんじゃないかしら、ぐらいの厚み。
A4サイズに納めてありますので、一枚にAB型なら12枚、D型なら6枚が入ります。裏面も見られるあたりがアプトのと似ています。
いくつかをセレクトして持ち歩くとか、買ったものを入れて持ち帰るとかそういう用途が提示されています。硬券で戦うときに使うデッキを入れておくんですね!(冗談です)

一冊1,500円ぐらいのビタミンカラーっぽいアルバムは可愛いです。可愛いですが、大容量の収納をしたい、というには不向きです。

それでも、版元である山口証券印刷さんが本気を出してきた、ということに私は歓迎の意を表します。ユーザーの意見が届けばどんどん改良してくるでしょうし、何より版元が出すということには意味があります。

私はかつて「メダリーフ」について収集をためらっていました。が、ディズニーランドに行けばアルバムが売ってるよ! ということを知ってから加速して集めるようになりました。
マンホールカードも版元が専用アルバムを出すらしい、というお話は聞いています。収納グッズがあるということは、集め方の例示でもあるんです。そういうちょっとしたことで売り上げは変わってくるんじゃないかと思います。

これからの硬券収納グッズ業界を注目して行きましょう。

2017年5月19日金曜日

まだまだカードの波におぼれてます

公共配布カードについて昨年溺れてたお話は書きました。
http://sampoya.blogspot.jp/2016/12/2016.html
その後も新しく次から次へと出て来るカードに楽しく翻弄されています。

いくつか地味だけどよい取り組みもありますので、私の目の届いた範囲からまとめます。

◆水の恵みカード

http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/kurasi_agwater/mizunomegumi/

農林水産省が主導で、2016年の夏から配布が開始されています。もう既に一部配布終了がありますので、今からでは完集ができません。こういうところ、改善していただきたいと思うのですが。
水の恵みによって育てられる作物がテーマで、カード感よりもパンフレット感が近いかもしれません。A6ぐらいのレシピカードとかそういうイメージ。
北は北海道、南は沖縄の宮古島。中には喜界島とか沖永良部島とかあって、ハードルはかなり高めです。
何よりやっぱり配布終了がなー。

◆名水百選カード

http://www.env.go.jp/water/meisui/card/index.html

長崎県の諫早市にマンホールカードをいただきに行ったときに見つけたものです。調べてみますとこちらは環境省が主導のようで。100選ですが、現在のところ48箇所にて配布しています。
主に役所の窓口で配布していますので、ほぼ平日のみ。北海道から鹿児島まで。全国の散らばり具合のバランスは良いです。

◆鉄カード

https://www.facebook.com/ZENKOKUTETSUKA/

ついに登場したローカル鉄道をテーマにしたカードです。カードのデザインや配布しているローカル線のセレクトは良いのですが、大抵がイベントにて○○円以上ご購入の方に、という形です。グッズとしてはよくある配布方法ですが、公共配布カードとしては異例です。中には2,000円以上というところもあって、ちょーっと高くないですか? と私は思います。
ローカル鉄道の苦しい懐は理解しているつもりですので、例えば逆に一枚500円!などと決めて売ってしまうのも一つ手だとは思うのですけれど。
鉄道会社以外に、日本テレビが参戦していて、「鉄道発見伝」という番組のカードが存在しています。

◆城カード


 日本城郭協会が全国12のお城で販売を開始したカードです。公共配布とは意味合いが違いますね。単純に統一感のあるお城グッズです。これから増えるのかなとは思いますが、東日本は弘前城と松本城しか無くて、お友達に買ってきてもらった松山城しかまだ所持していません。
スペックをまとてめフォトジェニックな写真をどーんと載せるというのは、まさにこうしたカードにぴったりですので、続百名城を含めて、販売箇所が増えることを期待します。


◆かんがい施設カード

http://www.pref.gunma.jp/07/am5500021.html

そう来ましたか……。群馬県の灌漑施設を管理する土地改良区で配布をしています。全10種類。デザインはダムカードにかなり寄せています。もらいに行きますとどの職員さんも気さくで、どちらから? なんて話になります。千葉からです、と答えると驚かれるぐらいに……まだ知られていない感じが。

◆MOZU-FURU CARD

http://www.city.fujiidera.lg.jp/topics/1490591617039.html
この名称はどうなんだろうと思います。要は「古墳カード」です。着目点は良いと思います。とはいえ古墳すべてに管理所があるわけではありませんので、写真を撮って拠点に持っていくともらえるものです。
一気に59箇所はすごいなと思います。おもしろそうだとは思うのですが、まだ行けていません。いや、正確には先日仕事ですぐそばを通ったのですが、写真撮って拠点に行って、というプロセスに時間が掛かりそうだったのでパスしちゃいました。

◆砂防カード

調べてみたら、これ「砂防カード」と「砂防(SABO)カード」と別の取り組みがあるようで。岐阜県のほうの「SABOカード」はイベントのみの配布のようです。
もう一つの「砂防カード」は長野県の白馬村と小谷村。それぞれの村に来たよ!という自撮り写真を送るとセットでもらえるようです。
http://www.pref.nagano.lg.jp/himesabo/sabocard.html

◆南予の誇れる遺産カード

https://www.pref.ehime.jp/nan54141/nankenkikaku/nanyoheritage.html
どんどん狭くなっていくなあ……。こちらは南予、つまり愛媛県南部で配布されているカードです。ただ、該当の遺産と一緒の自撮りを撮らなくてはいけない(結構難しい)のと、先着100名のみ、というところから、本当に小さな取り組みなんだろうなあと思われます。カードそのもののデザインは悪くありませんので、もう少し数があってもいいんじゃないかと思います。

◆港カード

http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_kouwan/1356859717202.html
新潟の港を紹介するものとして個別の取り組みかなーと思っていた港カードですが、追随するところが出てきました。
別府港です。
http://www.pref.oita.jp/site/beppu17003/minatocard.html
まったく別個のものとして考えたほうがいいのかな。

◆船カード

奥只見湖の遊覧船で配布しているのは知ってた(持ってた)のですが、別の取り組みとして佐渡汽船でも配布されたみたいです。
http://www.sadokisen.com/info/?cd=288
おや、しかし記事を読むと北陸信越旅客船協会が作成したみたいで、ここに参加しているフェリーの会社は他にもあります。あるのかなあ。あったのかなあ。
http://www.tt.rim.or.jp/~ni-ships/
特に銘打ってはいませんが、伊豆大島の船などにもカード状の記念品はありました。統一感のあるデザインではないものならば他にいくらでもあるかと思います。ここはやはりダムカードのフォロワー的なものを期待しているのですが。




まだまだあるんだと思いますが、ひとまず見つけられたところまで。
毎回言ってますが、「レア感」を煽る理由って、どこにあるんだろう? って思うんです。ほら、早くしないと無くなっちゃうよ! という飢餓感を煽る方法は、新鮮なものを売り切るための手法だと私は思います。
記念品、もしくは人を呼ぶためのツールとしてカードを考えるのであれば、「潤沢にあるからどうぞごゆっくりお越し下さい」であるべきです。在庫管理の観点から、そうのんびりもやってられないのであれば、一年なら一年と期間を区切ればいいんです。
私は収集家ですが、万難を排してお金に糸目をつけずに収集できるわけではありません。時間にもお金にも限りがあります。その中で、できるだけ見たこと無いものを見て、得られるものを得たいのです。
私は比較的日本中を歩き回っているほうだと思いますが、それでも一年で40都道府県ぐらい。そこに平日のみだとか品切れだとかが絡んできたら……、無茶を言わないでよ、って思って、集めるのを止めて、そのことを忘れてしまいます。果たしてそれで配布側の目的は達成されるのでしょうか。
ダムカードに始まった公共配布カードのスタイルは、一つの発明だったと思います。手頃で、収集欲を刺激してくれて、新しいものを知ることができる。それを真似っ子するのは大いに結構ですし、我々も歓迎です。でも、そろそろ安易なものが乱立されているな、と感じるようになってきました。そろそろブームも終盤かな、とも。
私としては、ブームではなく、一つの方式として長く続くものであってほしいと願っています。いち収集家の戯言ではありますが、サンプルとして受け取っていただけたらなあと心をこめて。

2017年3月21日火曜日

有料道路といえば、これもそうかな

と、タイトルでだいたい言い尽くしてしまいましたが。

以前より当ブログでも何度か、有料道路の通行券などのお話をして来ました。
ドキュメントスキャナを買ったおかげでだいぶ整理が進んで、なんとなくまとまってきた感があります。

ひとくちに有料道路と言っても、様々な形態があります。お馴染み高速道路に加えて、高規格道路とか、ドライブウェイとか。そのあたりの分類も面白いんですが、今回は、そういえばこれも有料道路よね、と気づいたいくつかについてご紹介いたします。

まずは、こちらを。
山口県岩国市にあります、錦帯橋。大変美しい橋ですね。
そうですよね、これも「有料道路」です。徒歩でしか渡ることができませんが、若草大橋だとか海田大橋だとかそういうものと意味的にはそんなに違いがありません。


そうなると全国には他にも同じようにお金を払わないと渡れない橋ってあるんじゃないかな、というわけで、そういう橋を渡った私の記録(要は通行券)を探してみました。

 静岡県島田市にあります、大井川蓬莱橋。欄干の低い木造の橋は実に風情があって、フォトジェニックです。長さ897.4メートルもありますので、往復すると2キロ弱。結構な運動になります。

茨城県の竜神大吊橋。霧の上を渡る写真が見事なチケットです。紅葉がまた美しいのです。
私は絶対やりませんが、バンジージャンプができる設備も整っています。
渡りきった先には「木精の鐘」という谷に鳴り響く鐘を鳴らせる施設もあります。3種類あってそれごとに記念カードがもらえます(有料ですが)。

 以前から近くを通るたびに気になっていたここもそういえば有料橋でした。
私、別段高いところが得意なわけではないのです。絶対ダメ、ではないですが、ときどきひゃっと足がすくみます。

これは厳密にはチケット半券とは違います。記念にいただけるカード、みたいな感じですね。スタンプ押印欄もあります。
群馬県の奥、上野村にあるのですが、国道から見ると、あんなところに!? みたいな高いところ。
シャボン玉が飛ぶ演出なんかもありますよ。

世界遺産日光東照宮の門前にあります、風情ある赤い橋「神橋」も有料で渡ることができます。それどころか、ここでは「神橋」と墨書きされた御朱印をいただくこともできます。

かずら橋には行ったことがあるのですが、あまりにも人が多くて渡るのを断念してしまいました。
他にも三島のスカイウォークはまだ未踏ですし、九州にも大吊橋ありますよね(九重"夢”大吊橋)。

しかしこういうことばっかり考えてると、あっ、もしかして有料の渡船もある意味で有料道路かしら、とか、坑内散策できる鉱山資料館もそうかなとかだんだん自分の線引きがよくわからなくなってきます。節度をもって。収集。分類。地味にやっていきますー。

2017年3月2日木曜日

梅・桃・桜の駅

何かテーマを決めて、コレクションを公開する、というのは、切手の世界などで広く使われている手法です。
私、これを他のコレクションでも応用できないかなーと常日頃考えていまして、時々コピー誌にまとめてみたり、mixiのフォトアルバムに投稿してみたり。
そんな中、Facebookに投稿した一枚の画像にまとめる方式は案外応用が効くかもしれないなーって思っていますので、ちょっとメイキングと切符の追補を。

Facebookに、「鉄道の紙物コレクション」というグループがあります。1,000人以上が参加されているグループで、毎回うなるようなお宝画像が流れてきてなかなか熱いのです。
私も何か投稿してみたいなーと思うもののそんな貴重品を持っているわけでも無いですし……、というところで結びついたのが先の「テーマコレクション」なのでした。
ちょうど昨年に、「桜」のつく駅の入場券をずらっと並べて投稿してみたところ好評でしたので、その後「雨」のつく駅、「鳥」のつく駅(干支でした)とぽつぽつと投稿しています。
ただ昨年の桜まとめには少し不満があったので、完全版作りたいなーと思ってて、せっかくですので、「梅」「桃」「桜」と三部作作っちゃおうとやってみました。
梅!
桃!
桜!
画像拡大しても読みにくいかな。特に桜はいっぱいあるので。

自作の駅名DB(全駅名と訪問日などが記入されているExcelファイルです)を起動して、抽出したい文字でフィルタをかけて、一覧を印刷しておきます。
ScanSnapをモバイルモードにして起動、切符アルバムを引っ掻き回して、各駅ずつ拾い上げてその場でスキャンします。画像はスマホに転送しておきます。
終わったらスマホからDropboxへ。PCに直接送れば? と思われるかもですが、部屋が離れているので、ちゃんと送信できているかの確認がとれませんので、手元のスマホに一旦送るようにしています。
並行して、iPadのSketchsというアプリで絵を描きます。ハンコ絵ですが、こういう絵があると乙女度が増すかなあと……(笑) これも出来上がったらDropboxに入れておきます。
海外製なので日本語が使えませんが、Collageratorというフリーソフトを起動します。そこに切り出した画像と描いた絵を全部放り込みます。ある程度勝手にばらばらと並びますので、個別に一個一個大きさと向きを修正して、エクスポートして完成です。最初300dpiで出力したら小さすぎて読めなかったので、600dpiにしました。SNSに投稿すれば勝手にリサイズされるだろうーと。

ScanSnapが無いとスマホで写真撮るとか、一旦全部抜き出してフラットベッドでスキャンするってことになって面倒になってしまうので、気軽にできるようになったのは、ScanSnapのおかげかも。

さて、実はこうして作ったあとに、次々と、あれもあったわ! と思い出してしまいました。奥底にしまってて出てこなかったものが出てきたとかもあったな。
全然完全版じゃなかった……

というわけで、追補がこちらです。

特に「梅屋敷」の入場券は、記念のセットものに含まれていたといえ、そのセットの発売個数が極端に少なく、それなりに貴重品じゃないかしら。
東武鉄道は案外「入場券」を記念に出すことが少なくて、梅島とか南桜井が拾えていません。

さて、実はFacebookでクイズにしようと思ってて忘れてたのですが、素材として抜き出した切符たち。ひとつだけ、仲間はずれがいます。
入場券じゃない切符が混ざっていたのですが、お気づきになられました?

2017年2月1日水曜日

とべ! シモンちゃん! (バス)

茨城県下妻市で、1月23日よりコミュニティバス「シモンちゃんバス」が運行開始されました。何やら先駆的なバスロケーションシステムを搭載した、シモンちゃんがいっぱい描かれた可愛いバス、気になります!

前日の記念イベントのチラシ

バスは、西側の「ビアスパークしもつま」から東側の「小貝川ふれあい公園」を結びます。途中、下妻駅や下妻市役所も経由して、およそ30分の道のり。
特徴は何よりも、シモンちゃんいっぱい! な、デザインです。




この制服シモンちゃんが一番好きだわ
車内にも!


シモンちゃんは一部に熱狂的根強いファンのいるキャラクターです。私も大好きなんですが、理由は、ちょっとここでは差し置きます(笑)
バスのシモンちゃんラッピング、バス停にもシモンちゃん、そして、回数券にもシモンちゃんとあれば買うしかありませんわ!
11枚ついて1,000円のスタンダードな様式ですが、券片ごとに違うイラストがずらり。裏面にもモノクロでさらにずらり。うふふふ。


現在下妻市で公表されているシモンちゃんデザインは12種類。そのすべてが使用されています(というか、このバスのために新たに描き下ろされたものもあります)。
バス停数は23で、それぞれに違うデザインになっていますが、およそ1キャラにつき2箇所がある計算です。




二頭身まであるの

さらには、D型硬券の記念きっぷ(証明書)まで配布されています。そつがないわ。


現在は実証実験の段階ですので、利用状況によって今後いろいろと変わる可能性があります。ここまで可愛いデザインのコミュニティバスはなかなか無いので、末永く続くこと、そして新たな施策にも期待したいところです。

2017年1月12日木曜日

印紙・証紙 開花宣言!

意味不明なタイトルは単に語呂合わせです(笑)

2016年12月20日から、お札と切手の博物館にて「印紙・証紙 小さなグラフィックデザインの世界 下邑政弥コレクションを中心に」という特別展が開催されています。

印紙や証紙は、切手に似ているけれど、切手じゃないもの、として私の中ではよくわからないけどおもしろいもの、という位置づけでした。
でも、少しずつ調べて、コツコツと買えるものを買い集めたりして、ちょっとずつ理解してきました。切手商に行って証紙無いですかと訊ねて、そんなものあるわけねえ! と言われたこともありました。そのくらいマイナーな世界です。だけど、その一つ一つを見たらとても美しいし、今でも買えるものだったら頑張って買いに行きたいと思わせる魅力があるのです。地域や自治体と密接に関係がある、というあたりも旅好きの私の心をくすぐりました。

そんな印紙や証紙を丁寧に解説した展示会があるとなれば、そりゃあ行くでしょう! というわけで、行ってきました、お札と切手の博物館。

ここに来るのも久しぶりです。そういえば無料なんでした。なんとありがたい。
そういえばこちら、毎月スタンプが変わるんですよね。今はちょうどお正月の図柄でした。


さて、内容ですが、私の想像以上でした。印紙カタログで見たことがあるあの印紙、この証紙、ほとんどその代表的なものの実物が展示されております。切手展と同じようにリーフとフレームで紹介されていて、メガネ外して(ろうがんなんです)じっくり見てしまいました。
やはり私が興味津々なのは各都道府県ごとの証紙。現在は統一証紙にまとめられたものでも、かつては狩猟などいろんな種類で証紙が存在しました。
あぁ、なんと美しい……。
なにぶん先程も申しましたが、印紙や証紙はコレクターが少なく、市場がありません。ですので、入手する手段がほぼありません。今でも売っているものでしたらば、発売所に行けば買えますが、発売を終了してしまったものはどうにも入手手段が無いのです。私がうっかり買いもらしてしまった東京都の収入証紙が未だに入手できていないのもそういうことなんです。

配布されている解説の冊子も丁寧でこれだけでも入門書として充分かもしれません。
3月5日までに私はもう一度行きたいなと思っています。

*

ついでですので、私が昨年末探し求めた「証紙」のお話を一つ。

証紙は基本的に「都道府県」が発行しているものですが、「市区町村」が発行するケースもあります。主に粗大ゴミの回収などに用いられることが多いですが、そうではないものもあります。国立印刷局が手がけている証紙というのもあって、お札と切手の博物館が発行しているニュースによれば現在「宇都宮、千葉、船橋、横浜、高知」の5市にあるのだそうです。
このうち、千葉、船橋、横浜については、訪問して入手済み。証紙は廃止する自治体も増えているので、なるべく早めに行きたい、というわけで、宇都宮市に向かいました。

さて、通常、そうした証紙は、売りさばき所なるものがあります。県の証紙であれば、県庁の売店がたいていはその資格を持っていて発売しています。なくても、入ってる金融機関に行けば買えます。市についても、千葉、船橋、横浜は、市役所(区役所)の売店で問題なく買えました。
なので、宇都宮市役所に行きまして、まっすぐ売店に向かいました。「市の証紙」が欲しい、という旨をお話しましたところ、「県の証紙はあるが、市の証紙は発行したことが無い」とおっしゃいます。「今は無い」だとか「ここには無い」だけ言われていたらそのまま引き下がっていたかもしれませんが、「発行したことが無い」はずがありません。
なので、私が根拠としている、お札と切手の博物館ニュースの該当ページを示しつつ、いや、あるはずなんです、と粘ります。830円と書かれたごみ処理専用の「宇都宮市証紙」はその売店にもありましたが、それは私の求めているものではありません。でも、それがあるってことは、市の証紙は存在しているってことで間違いはありません。
国立印刷局が印刷したものがあるはずなんです、と言う私の主張を元に「では、わかりそうな部署に聞いてみます」とどこかに電話をしてくださいました。
しばらく待ちます。結果「飲食店の開業や食肉などにまつわる場合にのみ宇都宮市の証紙は使われているようです。ですので、ここではなく、宇都宮市保健所に行けば売っているそうです。」という回答を得ることができました。
一般人でも買えるかどうか、ということまで訊ねていただきまして、問題ないとの回答もいただきました。
大変親切にしていただいたことに深々と礼をしますが、先方は恐縮しきり。最初に「無い」っておっしゃられたことを気にされたのでしょうか。大変真面目な方でおかげで助かりました。感謝しかございません。

保健所なんて、行ったこと無いよ……、と緊張しつつ向かいます。でもまあここ数年で、ダムの管理事務所やら消防本部など、今まで行ったことがないところに入ってるので少し図々しくなりました。覚悟を決めて入りまして、教わった課の窓口へ。
そこに普通に「売りさばき所」って看板ついていました。200円以下のあるもの1枚ずつください、という、どう考えても実使用じゃないような頼み方をしますが、向こうもすんなりと売ってくださいます。10円50円100円200円の合わせて360円分を買いました(条例を見ると5円もあるはずですが、品切れだったのか、使いようが無いので現在発行していないのか)。

ほら。ああ、美しい……。

国立印刷局のものは残るは高知市だけですね。でも、そうじゃない印刷所のものでも美しいものがあります。証紙は廃止される方向ですので、なるべく自分の足で調べながら集めてみたいものです。でも、印紙・証紙コレクターさんとの交流もできたらいいなあ、と思ったりもします。

2017年1月10日火曜日

新春 都道府県庁記念スタンプ集

あけましておめでとうございます。2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、友人よりリクエストをいただきました、都道府県庁の記念スタンプ集を一発目としてお送りいたします。
全都道府県庁に記念スタンプが存在します。「一斉に作成した」という話も聞いたことがありますが、スタンプそのものに統一感はありません。
複数のスタンプがあるところが多いですが、ここでは1つだけセレクトしました。
押印したのは2007年あたりから2010年ぐらいにかけてが一番多いです。ですので、現在はスタンプが変わっているところも多数あるかと存じます。

ただ、ずらりと並べます。縮尺は揃えたつもりだったのですが、スキャンした時期にも幅があるので、正確ではありません。三重県だけやたら大きいのは確かですけれど(笑)

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

新潟県

富山県

石川県

福井県

山梨県

長野県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

和歌山県

鳥取県

島根県

岡山県

広島県

山口県

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県